タグアーカイブ | smart phone

アプリの登録ユーザをアクティブユーザに

スマホ向けのアプリであれ、Windows 8のストアにあるアプリであれ、一般ユーザの関心を引き続けるのは楽ではありません。似たようなアプリが次々出てくる昨今では、それがますます難しくなっています。

アプリケーションへの機能追加を怠らず、頻繁にアップデートしているから大丈夫、ですか?
Image 2

ユーザの立場になってみると、ワンタップでアップデートした後、何が変わったのか気にしないですよね?「バグを直したのかな」ぐらいに思って(もしくは何も思わず)、使わないアプリは使わないままになりますよね。

アクティブでなくなってしまったユーザをアクティブにする策の一つとして、「通知サービス」を使ってみませんか。

通知にはメッセージがいれられるので、「アップデート」とは違って短い内容を伝えることができます。アプリの新機能などもアピールすることができます。それによって、ユーザがまたアプリを起動してくれる可能性が高まります(プッシュ通知を使うことで訪問者数が50%増えたという調査例もあります)。

Windows Azureには、この通知サービスを簡単にアプリに実装できる仕組みが備わっています。「通知ハブ」という名前で、8月12日に正式サービスを開始しました。

Windows 8/ Windows Phone / iOS / Android のいずれの端末にもプッシュ通知を送ることができます(誤解されがちですが、Windows AzureはWindowsだけに対応したサービスではないのです)。

実際にどうやってあなたのアプリに実装したら良いのか?はさまざまな技術リソースやBlogがありますので、技術担当の方にお任せしてください(このBlogはNon-techの方向けですのでそこは他のリソースに任せます  笑)。もちろん、マイクロソフトの担当者もお手伝いします。

ビジネス企画やマーケティングを担当されるBusiness Decision Makerのみなさんは、技術担当の方に「通知ハブというサービスがあるらしいからそれを使ってプッシュ通知をしてみたい」と相談してみてください。どんな通知をどんな条件で送信するとユーザの行動をより促しやすいのか、といったデータが集まってくるとより効果的なマーケティングができるようになるはずです。

関連リンク

通知ハブ 概要: http://www.windowsazure.com/ja-jp/services/notification-hubs/ 

料金: http://www.windowsazure.com/ja-jp/pricing/details/notification-hubs/

【GA】クラウド型プッシュ通知基盤:Windows Azure 通知ハブを正式リリース(MSDN Blogs 「雲のごとく」):http://blogs.msdn.com/b/daisukei/archive/2013/08/13/ga-windows-azure.aspx

組織の枠や国を越えたオペレーションをクラウドで統合

東洋ビジネスエンジニアリング株式会社(略称:B-EN-G)が提供する「Business b-ridge」。
World Wideで協業ビジネスをしている企業向けのコラボレーションアプリケーションです。
Windows Azure上で稼働しています。
 
国を越え、組織を越えた協業の場合は、データのやり取りもメールの添付になったりしがちですが、
メールではナレッジの継承が困難です。
Business b-ridgeは協業先が変わってもスムーズにプロセスを回せてナレッジの共有や継承が容易にできる
柔軟性を持ったアプリケーションがそろっています。
 
組織を越えたコラボレーションには、どこからでも使えるクラウドを使う典型的なシナリオの一つです。
World wideにデータセンターを展開してるWindows Azureなら、世界中に展開する企業にも使っていただけます。
 
img022 
 
img012
主な特徴
  • 行と列で囲まれた「台帳型」のシンプルな入力画面
  • ユーザの役割(ロール)ごとに権限設定可能
  • 「サプライチェーンコラボレーション」と「品質保証コラボレーション」他、複数アプリを展開
基本情報

東洋ビジネスエンジニアリング株式会社:http://www.to-be.co.jp/

ソリューション名 :Business b-ridge

製品ページ:http://www.businessbridge.jp/

プレスリリース:http://www.businessbridge.jp/newtopic/release/pr20130321/

災害時にも対応するコミュニケーションツール

日本デジタルオフィス株式会社が提供する「coco-do」。
毎日のコミュニケーションに利用しながら、災害時にはそのまま安否情報の発信・確認に活用できるツールです。
Windows Azure上で稼働しています。
 
東日本大震災の直後に短期間で開発された、災害時のJ!ResQが元になっています。
災害時にのみ使うアプリは、いざというときに使い勝手が慣れていないということが起きます。
そうならないために、普段から使えるツールとして再設計されたのがcoco-doです。
 

cocodo-1 cocodo-2

災害時のような予測のつかないタイミングでの急激なアクセス増に対応するには、クラウドの利用が一番です。

主な特徴
  • メールアドレスなどの個人情報を登録しなくても利用可能
  • LINEやFacebookなどのSNSと連携
  • 手書き文字、音声などを地図や写真とともに共有可能
  • 事前登録しておけば、グループの所在を一覧表示可能
  • 無償提供
  • 英語版も提供
基本情報

日本デジタルオフィス株式会社:http://www.digital-office.co.jp/

ソリューション名 :coco-do

製品ページ:http://www.coco-do.com/

Windows 8アプリ :http://download.coco-do.com/app/download.htm

iPhone, iPad アプリ:https://itunes.apple.com/jp/app/coco-de-do/id615269502?mt=8

Facebookページ:http://www.facebook.com/cocodo.jp

プレスリリース:http://www.microsoft.com/japan/presspass/detail.aspx?newsid=4261

スマート端末向け社内アプリを容易に開発・配布

株式会社ジェナが提供する、「seap」。
自社専用のアプリを開発し、スマホやタブレットに容易かつセキュアに配布することができるプラットフォームです。
サービスを後ろでWindows Azureが支えています。
 
 
 
seap2
 
 
社内向けアプリを提供する部門が専用サーバを準備しなくても、ブラウザさえあれば開発、配布、運用ができます。
典型的な利用パターンについては、スマート端末向け開発の豊富な経験から作りだされたテンプレートも準備されています。
 

このサービスををSaaS提供するにあたってその提供基盤として重要だったのは、
法人向けサービスゆえに堅牢、セキュアでサポート体制も整っているクラウドサービスであることだったそうです。

主な特徴
  • カタログ、ファイル共有(フォルダ)、サイネージ、アンケートのテンプレートを用意
  • オフライン利用制限、デバイス認証と組合わせたアプリ認証、など法人向けアプリに必要な強固なセキュリティに対応
  • アプリ数、アプリ利用ユーザ数に関わらず、コンテンツ容量に応じて毎月定額で利用可能
基本情報

株式会社ジェナ:http://www.jena.ne.jp/

ソリューション名 :seap

製品ページ:http://www.seap.ne.jp/index.html

プレスリリース:http://www.jena.ne.jp/pdf/pr_seap_121101.pdf

写真の一部が動く?不思議な画像を作れるアプリ

ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ株式会社が提供する「motiongraph」。
静止画のように見える画像の一部が動画のように動くという不思議な画像を、スマートフォンで簡単に作ることができるアプリです。
Windows Azure上で稼働しています。
 
どんな画像なのか、はサンプルを見ていただくのが一番です。
 
sdna_motiongraph_sample
 

水は流れているように見えるのにペットボトルもコップの中も水量は変わらず、人もまったく動いていません。

短い動画を撮影し、動かす部分と動かさない部分を指定するだけでこのような画像が誰でも作れるという面白いアプリです。

画像はクラウドで保存。ソーシャルネットワークで共有することができます。

主な特徴
  • スマートフォンの画面上で簡単に加工
  • 再生パターンや再生速度などの調整も可能
  • 作った作品をFacebook, Twitter, メールで共有可能
  • アプリから他のユーザが作った作品を閲覧可能
基本情報

ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ株式会社:http://www.sonydna.com/

ソリューション名 :motiongraph

製品ページ:http://www.sonydna.com/sdna/products/motiongraph/index.html

Google play:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.sonydna.motiongraph&hl=ja

新着作品紹介サイト:http://mg.sonydna.com/

「デコとも★DX」シリーズもクラウドへ

株式会社エムティーアイが提供するデコレーション メール サービス「デコとも★DX」シリーズ。
フィーチャーフォン ユーザーを中心に国内最大級の会員数を擁するサービスです。
このサービス基盤が次々にWindows Azureに移行されています。
 
 

 

デコレーションメールのサービスは、「あけおめメール」と呼ばれる年賀メールでの利用がピーク。
これまでは、ピークの大晦日から正月 3 が日の4日間のために数か月かけて準備していたそうです。
もちろん、開発担当の方はせっかくの年末年始も出勤。

 
基盤をWindows Azureに移すことで、準備にかかる時間と
年末年始の負担を劇的に減らすことができるのです。

開発経緯などの詳しい話はぜひ事例記事をご覧ください。

主な特徴
  • フィーチャーフォン、Android、iPhoneに対応
  • デコメ素材が豊富で会員数は国内最大級
基本情報

株式会社エムティーアイ:http://www.mti.co.jp/

ソリューション名 :デコとも★DX

製品ページ:http://pc.decotomodx.jp/decopc/decotomodx.htm

マイクロソフト導入事例ページ:http://www.microsoft.com/ja-jp/casestudies/mti2.aspx

Windows Azure 導入事例公開:株式会社日交データサービス

Windows Azure導入新着事例(公式ページ)が公開されました。

こちらのブログでも「タクシーを「ここ」に呼べる便利アプリ」としてご紹介した
「全国タクシー配車」を開発した株式会社日交データサービスの事例です。

「今回、提携するタクシー会社の無線配車システム (オンプレミス) との連携も、既存機能である Windows Azure サービス バスを利用することで、手軽に、しかもコストもさほどかからず実現できています。
「提携する全国のタクシー会社にサービスを提供するに際しては、システムの安定稼働をいかに保証するかが重要になります。(中略)Windows Azure Platform に 2 台のWeb サーバーを建てれば、自動的にロードバランスをしてくれますので、セキュリティパッチの適用時や障害発生時にも、システムを止める必要がありません。」

事例ページ:http://www.microsoft.com/ja-jp/casestudies/nikko-data.aspx

#2012年5月21日追記:上記事例ページにビデオも追加されました。

Windows Azure Platform の製品ページ(http://www.microsoft.com/japan/windowsazure/)の「事例」タブから、または

マイクロソフトのお客様導入事例ご紹介ページ(http://www.microsoft.com/japan/showcase/default.aspx)から見つけていただくこともできます。