タグアーカイブ | price

Azure日本データセンターの価格体系

2014年2月26日、ついにAzureの日本データセンターが稼働を開始しました! 現在私は製品マーケティング担当をしているため、当日は公式のあれやこれやで忙しくこちらに投稿ができませんでしたが、Blogでもこの記念すべきイベントを盛り上げよう!とAzureアドベントカレンダーを実施しているので3月6日分として個人ブログでも参加することにしました。

今回、Azureは初めて「リージョン価格」という概念を導入しました。これは、各地域の市場状況に合わせた価格を設定するというものです。ちなみに「市場状況」には競争状況も含まれます。 さて、日本データセンターでの「リージョン価格」が設定されたのは下記のサービスです。

* 仮想マシンの価格がリージョン価格になるので、料金詳細ページに記載されている SQL ServerBizTalk Server の価格もリージョン価格になっているように見えますが、ソフトウェア部分はグローバル価格と同じです(差が出ているのは利用している仮想マシンの料金分のみです)。

SQL データベースと Webサイトについては、5月末までプロモーション価格としてグローバル価格が適用されています。6月1日よりリージョン価格となります。 また、クラウドサービスと仮想マシンのリージョン価格は東日本と西日本でも異なります。西日本の方が東日本の10%ほど安くなっています。

いまはリージョン価格適用が日本だけですが、今後の新しいデータセンターではリージョン価格が適用されていくことになる方針のようです。

Windows Azure価格体系と無償枠の変更

日本時間の昨日夜からTechEd North America 2013 が始まりました。

このイベントに合わせてAzure周りもまたいろいろと発表がありました。

Non-tech/Business系の方にとっても注目のポイントがありますので、そちらに絞って紹介します。

#すべての変更点については、下記の参考リンクをご参照ください。

停止した仮想マシン(IaaS)は課金されません

これまでは、マシンを停止しても「削除」しない限り課金されていました。停止したら課金を止めてほしい、というご要望は数多くいただいていましたので、このお知らせができるのはとても嬉しいです。

仮想マシンの課金が「分単位」に

これまでは、5分以上利用すると、その5分間が含まれる時間帯1時間分の課金がされていましたが、1分単位の課金になりました。

無料評価版やMSDN特典などの無償枠が容量ベースから金額ベースに

これまで、無料評価版やMSDN、MPNなどの「メンバー特典」はWindows Azureの各機能ごとの一定枠(xx時間分、など)まで無償で利用できるというものでした。これが、どの機能を使っても「xx円分まで」無償、となりました(詳細は下記のリンクをご参照ください)。無償評価版は、月々17,000円分までが自由に使えます。

検証のシナリオによっては使わない機能があったり、逆に「一定枠」以上使いたい機能があったりしますが、柔軟性がある新しい特典を使っていただくと無駄が出にくくなりますね。

さらに、MSDN特典の場合は適用される単価が割引単価になりましたので、同じ金額枠で従量課金よりも多くの容量を使えることになります。

#これまですでにMSDN特典をお使いの方は、アカウントのページに下記のようにオプションが表示されますので、これまで通りの特典か新しい特典かを選択できます。

account_msdn_change

何も選択しないと、8月1日以降に新しい特典に移行されます。これまでの特典を継続するオプションを選択すると、あと 12 か月間引き続き使用することができます。その代り、新しい特典に含まれるメリットを使えなくなりますので、できる限り新しい特典への移行をお勧めします。

上記はこちらのページのよく寄せられる質問(FAQ)に表示されています。

FAQ_MSDN

ちなみに、MSDNサブスクリプションは実運用には使えません。これも同FAQに記載されていますのでご参照ください。

参考リンク

Windows Azure: Announcing Major Improvements for Dev/Test in the Cloud (ScottGu’s Blog):

http://weblogs.asp.net/scottgu/archive/2013/06/03/windows-azure-announcing-major-improvements-for-dev-test-in-the-cloud.aspx

Windows Azure 購入オプション  メンバープラン:

http://www.windowsazure.com/ja-jp/pricing/member-offers/

MSDNサブスクライバ―特典詳細:

http://www.windowsazure.com/ja-jp/pricing/member-offers/msdn-benefits/

無料評価版:

http://www.windowsazure.com/ja-jp/pricing/free-trial/?WT.mc_id=AF700CF8E

Windows Azure SQL レポートサービス価格改定(値下げ)

Windows Azure SQL レポートの価格体系が2月1日から変わりました。最大で82%の値下げになります。

SQL レポートは、レポートサーバーインスタンスを配置している時間あたりで課金されるようになっています。インスタンスを配置している限りは、時間内にレポートが生成されなくても課金されます。

これまでは、この基本単位(1レポートインスタンス時間)で生成できるレポート数が最大200までで$0.88(76.95円)/時間、となっており、時間内で200を超えたときには2単位分の課金で次の200レポートまで使えるというものでした。

この体系では生成するレポートの数が少ないお客様にとっては価格が割高になってしまうことから、今回の変更で30レポート単位の体系に変更になりました。単価は$0.16(13.99円)/時間です。

旧体系
新体系
(2月1日より)
1時間あたり生成可能な最大レポート数
200
30
1レポートインスタンス1時間あたり単価(円)
76.95
13.99

ある1日レポートインスタンスを配置し、24時間のうちの1時間だけ32件のレポートを生成し、残り23時間は30件以下のレポート生成をした場合の課金は下記のようになります。

旧体系:76.95円 x 24時間 = 1,846.80円

新体系:13.99円 x 23時間 + 13.99円 x 2 x 1時間 = 349.75

1か月間を通じてレポートインスタンスを配置し、そのすべての時間において30件以下のレポートを生成した場合の旧体系と新体系での課金の違いは次のようになります。

旧体系: 76.95円 x 730時間 = 56,173.50円

新体系: 13.99円 x 730時間 = 10,212.70円  (旧体系に比べて82%減

関連情報

SQL Reporting Services Pricing Update (Windows Azure Blog): http://blogs.msdn.com/b/windowsazure/archive/2013/02/01/sql-reporting-services-pricing-update.aspx

SQL レポート価格詳細: http://www.windowsazure.com/ja-jp/pricing/details/#header-5

Windows Azure SQL レポートの作成方法: http://msdn.microsoft.com/ja-jp/windowsazure/jj872761.aspx

Storage料金改定(再値下げ)

今年3月に12%の値下げをしたWindows Azure Storageを、
さらに28%値下げすることを米国時間で12月5日発表しました
(適用は12月12日から)。

詳細はこちらをご参照ください。
Announcing Reduced Pricing for Windows Azure Storage (英語)

旧料金(ドル建て)

Image 4

新料金(ドル建て)

Image 6

“Geographically Redundant”=地理冗長ストレージ:デフォルトでオンの機能。プライマリで利用しているD/C内での3コピーに加え、同じ地域の 2 つ目のサブ地域にデータを別途3コピー保存します。

“Locally Redundant” = ローカル冗長ストレージ:デフォルト機能をオフにすると、プライマリで利用しているD/C内での3コピーのみの保存をします。料金は地理冗長ストレージよりも低くなります。

日本円での料金が公式サイトに案内され次第、こちらにも追記します。

コミットメントプランで最大32%の割引き

Windows Azureには、利用期間をコミット(約束)することで割引が提供されるプランがあります。
このプランが9月27日から新しくなりました。

これまでは、Windows Azureプラン(コンピューティングインスタンス Sサイズ 750時間分)や
SQL データベースプラン(従量課金料金で¥8,741に相当するSQLデータベース)といったように
特定のサービス・機能についてある一定枠の利用量を、従量課金よりもお得な月額固定料金で
6か月間利用できる、というものでした。

新しくなったプランは、期間のコミット(6か月または12か月)はありますが
利用量の枠ではなく金額の枠が提供されるようになりました。

お支払いいただいた金額分まではWindows Azureのどのサービスをお使いいただくこともできます。

プリペイドカードのようなものだと考えていただくのがわかりやすいかもしれません。

特徴・留意点
  1. 最低金額枠は月額43,700円
  2. 契約期間は6か月間または12か月間(いずれも無制限に更新可能)
  3. 支払いは毎月月額前払い、または期間全額の一括前払い
  4. 一括前払いの場合、1か月の金額枠を超えて利用しても支払済み金額を全消費するまで割引額が適用される
  5. 毎月月額前払いの場合、利用しきらなかった支払い済み残高は翌月以降に持ち越せる(ただし契約期間終了月まで)
  6. 支払い済みの金額を超えて利用した場合は従量課金で追加課金が発生
  7. 月額枠の増額は期間中いつでも可能。ただし適用は翌月1日から。
  8. 契約金額に応じて割引率が変化
  9. 12か月の契約は6か月契約の割引率に+2.5%
  10. 一括前払いをすると、基本の割引率に+2.5%
  11. プランは、オンライン上で新規のサブスクリプションを作成するときに選択可能
プリペイドカードの比喩で考えると
  1. プリペイドカードの最低金額は1枚43,700円
  2. プリペイドカードには6か月後、または12か月後の有効期限日付入りで6枚または12枚単位で購入可能
  3. 一括前払いしてすべてのカードを有効化するか、または1か月ごとに前払いして1枚ずつ有効化
  4. 有効化してあるカードは翌月を待たなくても利用可能
  5. 有効化したカードに残額がある場合は、有効期限までは利用可能
  6. 手持ちの有効化したカード残額がなくなったときは使った分だけ通常金額で支払い
  7. 期間中に、翌月以降の残りの期間のカードに同額ずつの買い足しをすることが可能

割引率一覧表
プラン名 毎月コミット金額 適用される単価割引率 一括前払い時の単価割引率
6か月プラン 43,700円~ 20% 22.5%
1,311,150円~ 23% 25.5%
3,496,400円~ 27% 29.5%
12か月プラン 43,700円~ 22.5% 25%
1,311,150円~ 25.5% 28%
3,496,400円~ 29.5% 32%
関連情報

Windows Azure 公式サイト  購入オプションページ

計算ツール: 利用量から料金を試算できます

 

 

Azure Storage と XSサイズインスタンス料金改訂(値下げ)

US時間で8日朝、Windows Azure Storage と コンピューティングインスタンス の料金改定(=値下げ)の発表がありました。

発表内容の詳細はこちら(英語)のブログもご参照ください。

  • Windows Azure Storageの単価が12%ダウン

データの保存量に応じた課金について、12.24 円/GB/月であった単価が10.93円GB/月になりました。1か月間、ずっと1GB の容量を利用して、10.93円です。

注:ほかにトランザクションにも課金されます(10,000 回のストレージ トランザクションあたり 0.88円)。

  • Windwos Azure Storageの6か月プランも最大14%まで単価換算で値下げ

1TBを超える容量の場合、6か月プランを利用すると単価ベースでお得になりますが、こちらも値下げになりました(このプランの購入単位=ベースユニットは1TBです)。

ストレージ契約 新料金
ベースユニット料金
新料金単価 旧料金単価
1 ~ 50 TB/月 ¥9,845.87/TB ¥9.62/GB ¥10.93/GB
51 ~ 500 TB/月 ¥8,592.76/TB ¥8.40/GB ¥9.79/GB
501 ~ 1,000 TB/月 ¥8,324.23/TB ¥8.13/GB ¥9.01/GB
1,001 TB/月を超える ¥7,429.16/TB ¥7.26/GB ¥7.43/GB
  • Windows AzureコンピューティングインスタンスのXSサイズが50%値下げ

いちばん小さいXSサイズのインスタンスの単価が3.50円/時間から1.75円/時間になりました。

Windows Azureのコンピューティングインスタンスの課金はSサイズに換算して利用明細などに記載されますが、その換算時間が

 XS 1時間 = S 1/6時間

となったことになります(これまでは XS 1時間=S 1/3時間)。

これに伴い、無料評価版およびMSDNサブスクリプションを持っている方向けのプランに含まれる
コンピューティングの無償枠をXSで使うと、使える時間数が増えました。

無料評価版の場合、1か月にS 750時間分が使えるので、XSだと4,500時間使えることになります。

料金の詳細についてはこちらをご参照下さい

https://www.windowsazure.com/en-us/pricing/details/ (英語)

*英語以外の言語では料金詳細ページが未更新のことがありますので最新情報は英語ページでご確認下さい。URLをクリックしても英語にならない場合は、ページ左最下部に15言語から選択できるリンクがありますので、そちらからEnglish(United States)を選んで下さい。

コストの見積もりをしてみるには、新しくなった価格シミュレータをお使い下さい(新単価がすべては反映されていないこともあるので概算用としてご利用下さい)。

SQL Azure 料金改訂(値下げ)

US時間で14日朝、SQL Azure の料金モデル改定(=値下げ)の発表がありました。

発表内容の詳細はこちら(英語日本語)のブログにありますが、例によってNon-tech向けブログとしてまとめを。
前回12月にあった料金改定の時のブログも参照しながら書きます。

  • 小さなDBサイズをお得に使えるように

前回の料金改定は、最大サイズの引き上げ(50GB ⇒ 150GB)とその料金設定により大きなDBを使う方にお得な発表でしたが、今回は小さなDBを使う方にもお得な内容があります。

これまで1GBだった最小課金単位が100MBになりました。月額¥436.62 (定額)です。

  • すべてのEdition で段階料金が1GB単位

前回の料金改定でWeb Editionの課金が1GB単位で計算されるようになりました。これがBusiness Edition(10GB以上)でも適用されます。1GB以上のDBについては、基本的に「基本料金+1GB単位の使用量に応じた料金」という形式になります。下に表でも表示していますが、下記の例でこれまでとの違いを見てください。

1.5GBのデータを1ヶ月間ずっと保存していた場合

これまで: ¥873.23(1GB単価) x 2 = ¥1,746.46
これから: ¥873.23(1GB基本料金)+ ¥349.30(追加分1GB単価)x 1 = ¥1,222.53

14.5GBのデータを1ヶ月間ずっと保存していた場合

これまで: ¥8,740.13(10GB単価) x 2 = ¥17,480.26
これから: ¥4,016.84(10GB基本料金)+ ¥174.65(追加分1GB単価)x 5 = ¥4,890.09

  • 50GB以上料金据え置きは?

前回の料金改定でDBサイズが50GB以上になっても料金は50GBのままになりましたが、今回は50GB超も「基本料金+1GB単位の使用量に応じた料金」です。でも、ご心配なく。150GBの場合でも前回の「据え置き」料金よりも安くなっています。

具体的に見てみましょう。

150GBのデータを1ヶ月間ずっと保存していた場合

これまで: ¥43,700.63
これから: ¥11,002.65 (50GB基本料金)+ ¥87.33(追加分1GB単価)x 100 = ¥19,735.65

データベース サイズ データベースの月額料金
0 ~ 100 MB ¥436.62 (定額)
100 MB 超~ 1 GB ¥873.23 (定額)
1 GB 超~ 10 GB ¥873.23 (最初の 1 GB) + 1 GB 増えるごとに ¥349.30
10 GB 超~ 50 GB ¥4,016.84 (最初の 10 GB) + 1 GB 増えるごとに ¥174.65
50 GB 超~ 150 GB ¥11,002.65 (最初の 50 GB) + 1 GB 増えるごとに ¥87.33

料金の詳細についてはこちらをご参照下さい

https://www.windowsazure.com/en-us/pricing/details/ (英語)

*英語以外の言語では料金詳細ページが未更新のことがありますので最新情報は英語ページでご確認下さい。URLをクリックしても英語にならない場合は、ページ左最下部に15言語から選択できるリンクがありますので、そちらからEnglish(United States)を選んで下さい。

コストの見積もりをしてみるには、新しくなった価格シミュレータをお使い下さい(新単価がすべては反映されていないこともあるので概算用としてご利用下さい)。

他にこちらもご参考に。