Azure日本データセンターの価格体系

2014年2月26日、ついにAzureの日本データセンターが稼働を開始しました! 現在私は製品マーケティング担当をしているため、当日は公式のあれやこれやで忙しくこちらに投稿ができませんでしたが、Blogでもこの記念すべきイベントを盛り上げよう!とAzureアドベントカレンダーを実施しているので3月6日分として個人ブログでも参加することにしました。

今回、Azureは初めて「リージョン価格」という概念を導入しました。これは、各地域の市場状況に合わせた価格を設定するというものです。ちなみに「市場状況」には競争状況も含まれます。 さて、日本データセンターでの「リージョン価格」が設定されたのは下記のサービスです。

* 仮想マシンの価格がリージョン価格になるので、料金詳細ページに記載されている SQL ServerBizTalk Server の価格もリージョン価格になっているように見えますが、ソフトウェア部分はグローバル価格と同じです(差が出ているのは利用している仮想マシンの料金分のみです)。

SQL データベースと Webサイトについては、5月末までプロモーション価格としてグローバル価格が適用されています。6月1日よりリージョン価格となります。 また、クラウドサービスと仮想マシンのリージョン価格は東日本と西日本でも異なります。西日本の方が東日本の10%ほど安くなっています。

いまはリージョン価格適用が日本だけですが、今後の新しいデータセンターではリージョン価格が適用されていくことになる方針のようです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中