アプリの登録ユーザをアクティブユーザに

スマホ向けのアプリであれ、Windows 8のストアにあるアプリであれ、一般ユーザの関心を引き続けるのは楽ではありません。似たようなアプリが次々出てくる昨今では、それがますます難しくなっています。

アプリケーションへの機能追加を怠らず、頻繁にアップデートしているから大丈夫、ですか?
Image 2

ユーザの立場になってみると、ワンタップでアップデートした後、何が変わったのか気にしないですよね?「バグを直したのかな」ぐらいに思って(もしくは何も思わず)、使わないアプリは使わないままになりますよね。

アクティブでなくなってしまったユーザをアクティブにする策の一つとして、「通知サービス」を使ってみませんか。

通知にはメッセージがいれられるので、「アップデート」とは違って短い内容を伝えることができます。アプリの新機能などもアピールすることができます。それによって、ユーザがまたアプリを起動してくれる可能性が高まります(プッシュ通知を使うことで訪問者数が50%増えたという調査例もあります)。

Windows Azureには、この通知サービスを簡単にアプリに実装できる仕組みが備わっています。「通知ハブ」という名前で、8月12日に正式サービスを開始しました。

Windows 8/ Windows Phone / iOS / Android のいずれの端末にもプッシュ通知を送ることができます(誤解されがちですが、Windows AzureはWindowsだけに対応したサービスではないのです)。

実際にどうやってあなたのアプリに実装したら良いのか?はさまざまな技術リソースやBlogがありますので、技術担当の方にお任せしてください(このBlogはNon-techの方向けですのでそこは他のリソースに任せます  笑)。もちろん、マイクロソフトの担当者もお手伝いします。

ビジネス企画やマーケティングを担当されるBusiness Decision Makerのみなさんは、技術担当の方に「通知ハブというサービスがあるらしいからそれを使ってプッシュ通知をしてみたい」と相談してみてください。どんな通知をどんな条件で送信するとユーザの行動をより促しやすいのか、といったデータが集まってくるとより効果的なマーケティングができるようになるはずです。

関連リンク

通知ハブ 概要: http://www.windowsazure.com/ja-jp/services/notification-hubs/ 

料金: http://www.windowsazure.com/ja-jp/pricing/details/notification-hubs/

【GA】クラウド型プッシュ通知基盤:Windows Azure 通知ハブを正式リリース(MSDN Blogs 「雲のごとく」):http://blogs.msdn.com/b/daisukei/archive/2013/08/13/ga-windows-azure.aspx

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中