Windows Azure SQL レポートサービス価格改定(値下げ)

Windows Azure SQL レポートの価格体系が2月1日から変わりました。最大で82%の値下げになります。

SQL レポートは、レポートサーバーインスタンスを配置している時間あたりで課金されるようになっています。インスタンスを配置している限りは、時間内にレポートが生成されなくても課金されます。

これまでは、この基本単位(1レポートインスタンス時間)で生成できるレポート数が最大200までで$0.88(76.95円)/時間、となっており、時間内で200を超えたときには2単位分の課金で次の200レポートまで使えるというものでした。

この体系では生成するレポートの数が少ないお客様にとっては価格が割高になってしまうことから、今回の変更で30レポート単位の体系に変更になりました。単価は$0.16(13.99円)/時間です。

旧体系
新体系
(2月1日より)
1時間あたり生成可能な最大レポート数
200
30
1レポートインスタンス1時間あたり単価(円)
76.95
13.99

ある1日レポートインスタンスを配置し、24時間のうちの1時間だけ32件のレポートを生成し、残り23時間は30件以下のレポート生成をした場合の課金は下記のようになります。

旧体系:76.95円 x 24時間 = 1,846.80円

新体系:13.99円 x 23時間 + 13.99円 x 2 x 1時間 = 349.75

1か月間を通じてレポートインスタンスを配置し、そのすべての時間において30件以下のレポートを生成した場合の旧体系と新体系での課金の違いは次のようになります。

旧体系: 76.95円 x 730時間 = 56,173.50円

新体系: 13.99円 x 730時間 = 10,212.70円  (旧体系に比べて82%減

関連情報

SQL Reporting Services Pricing Update (Windows Azure Blog): http://blogs.msdn.com/b/windowsazure/archive/2013/02/01/sql-reporting-services-pricing-update.aspx

SQL レポート価格詳細: http://www.windowsazure.com/ja-jp/pricing/details/#header-5

Windows Azure SQL レポートの作成方法: http://msdn.microsoft.com/ja-jp/windowsazure/jj872761.aspx

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中