クラウドで業務データをバックアップ

株式会社オービックビジネスコンサルタント(OBC)が提供する
「OBCストレージサービス」。
OBCの奉行シリーズのバックアップデータを始めとする企業のデータファイルを
Windows Azure のStorageを使って保管します。

東日本大震災以来、BCPの必要性が改めて注目されています。
オフィスから離れた、堅牢な環境にあるクラウドサービスを
バックアップ先として使うことで、万が一の事態にも
データを守れる可能性を高めます。

Windows Azure Storage と SQL Azureは特別なオペレーションをしなくても
データを3か所にコピーして持ちます。Storageサービスでは、
利用しているデータセンターと同じリージョン(北米、ヨーロッパ、アジア)の
もう一か所に複製してデータをもつGeo-replicationという機能も
追加費用なしで提供しています。
そして、バックアップのためにデータをアップロードするとき、
データ通信にはコストがかかりません(7月1日からアップロード方向は無料です)。
バックアップ先の環境として使っていただくのに十分な条件は揃っていると思います。

主な特徴
  • スケジュールバックアップ
  • 世代管理されるバックアップデータは最大999回分
  • 操作ログ管理機能
  • 監視には日立システムズの「AppBridge Monitor」を利用
基本情報

株式会社オービックビジネスコンサルタント:http://www.obc.co.jp/

ソリューション名 :OBCストレージサービス

製品ページ:http://www.obc.co.jp/click/bugyo-i/storage/

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中